2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
「けり」にケリをつけましょう1♪
百人一首を勉強していて悩みのタネだったことがあります。
「どうして、文末がけりだったりけるだったりするの?」です。
(遠~い昔に、勉強した気がするのですが。^^;)
そこで、少し調べてみました♪



過去の助動詞には「き」と「けり」があります。
今回は「き」は置いておいて、「けり」の勉強をしたいと思います。

けりの意味」
①間接伝聞の過去「~たそうだ」
②会話文(心中)・和歌は詠嘆「~だったなあ」

けりの活用」
未然形  連用形  終止形  連体形  已然形  命令形
(けら)    ○     けり    ける    けれ    ○



ではでは、文末は終止形の「けり」で終わるかと思いきや・・・
なんで連体形の「ける」で終わるの~???
という本題について。
これには、文法上のルールがありました。



係助詞「」「なむ」「」「」に係る文末は、連体形「ける」で結ぶ

「百人一首 6♪」
かささぎ わた はし   しも
鵲の 渡せる橋に おく霜の
しろ  み     よ
白きを見れば 夜 ふけにける (中納言家持 ちゅうなごんやかもち)

「百人一首 28♪」
やまざと ふゆ
山里は 冬さびしさ まさりける
ひとめ くさ       おも
人目も草も かれぬと思へば (源宗于朝臣 みなもとのむねゆきあそん)

「百人一首 35♪」
ひと    こころ し
人はいさ 心も知らず ふるさとは
はな むかし か
昔の 香ににほひける (紀貫之 きのつらゆき)

「百人一首 37♪」
しらつゆ かぜ ふ    あき の
白露に 風の吹きしく 秋の野は
           たま  ち
つらぬきとめぬ 玉散りける (文屋朝康 ふんやのあさやす)



♪ 番外編 ♪

係助詞「こそ」に係る文末は、已然形「けれ」で結ぶ

「百人一首 23♪」
つきみ               かな
月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ
わ み ひと   あき
我が身一つの 秋にはあらねど (大江千里 おおえのちさと)
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

クマコ

Author:クマコ
Photo-ZEROに所属。
自然風景が大好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク