2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
百人一首 55♪
たき おと  た   ひさ
滝の音は 絶えて久しく なりぬれど
な   なが       き
名こそ流れて なほ聞こえけれ (大納言公任 だいなごんきんとう / 藤原公任 ふじわらのきんとう)



『 読み方 』
タキノオトワ タエテヒサシク ナリヌレド 
ナコソナガレテ ナオキコエケレ

『 現代語訳 』
「滝の音は、聞こえなくなってから長い年月がたってしまったけれど、その名声だけは流れ伝わって、今もなお世間に知られていることだ。」

※滝・・・大覚寺の滝。嵯峨上皇が9世紀に作った。この歌が詠まれている頃には、水がかれていたとも、かれかけていたともいわれる。
※絶えて・・・滝の水音が聞こえなくなって。
※なりぬれど・・・なってしまったけれど。
※名・・・名声。
※流れて・・・流れ伝わって。「滝」の縁語。
※聞こえけれ・・・「聞こゆ」は「有名だ・世に知られている」という意で、「音」の縁語。

大覚寺に行って、嵯峨上皇の遺愛の滝を詠んだ歌。

嵯峨野の大覚寺。
そこは、もともと嵯峨上皇の離宮でした。
上皇はその中に滝を落とし、見て楽しむ為に滝殿を作ったと伝えられています。

それから百数十年がたちました。
公任のころになると昔日の面影はなく、滝の水もかれて、あるかなきか・・・。
それでも、滝の名声だけは依然として変わることがないと公任はいいます。
きのおとは えて」
こそがれて ほ」
というように、頭の音をそろえた流麗な調べ。
その中に、「滝―流れ」「音―聞こえ」といった縁語をそっと忍ばせています。
技巧的な歌ですね。



『 作者について 』

大納言公任=藤原公任(966~1041)

関白太政大臣藤原頼忠の子。
正二位権大納言まで昇進。
四条大納言と呼ばれた。
漢詩・和歌・管弦の道にすぐれ、博識で有職故実(ゆうそくこじつ)にも詳しかった。
当代歌壇の指導的地位にあり、編著も多数。
家集に『公任集』がある。



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

クマコ

Author:クマコ
Photo-ZEROに所属。
自然風景が大好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク