2017/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
百人一首 42♪
ちぎ           そで
契りきな かたみに袖を しぼりつつ
すゑ まつやま なみこ
末の松山 波越さじとは (清原元輔 きよはらのもとすけ)



『 読み方 』
チギリキナ カタミニソデオ シボリツツ
スエノマツヤマ ナミコサジトワ

『 現代語訳 』
「かたく約束しましたね、お互いに涙に濡れた袖を幾度もしぼっては、あの末の松山を浪(なみ)が越えることはないように(末永く心変わりしないように)しようと。」

※契りきな・・・「契る」は約束する。「き」は過去の助動詞。「な」は感動をあらわす終助詞。
※互(かたみ)に・・・互いに。かわるがわる。
※袖をしぼりつつ・・・「袖をしぼる」は、涙に濡れた袖をしぼること。「つつ」は反復をあらわす接続助詞。「何度も~しては」などと訳す。
※末の松山・・・宮城県多賀城市(たがじょうし)にある歌枕(うたまくら)
※浪越さじ・・・波が越すようなことはしないでおこう。「じ」は打消意志の助動詞。

元輔が人に頼まれて代作して歌。
心変わりをした女におくる歌を作ってくれ、というのが依頼の内容でした。
まず、倒置があります。
本来の文脈は、

かたみに袖をしぼりつつ末の松山波越さじとはちぎりきな

これを、
「契りきな!」
倒置することで、読者にインパクトを与えます
「何を約束したんだ!」と興味を引くわけですね。

むずかしいのは、「末の松山」です。
これは「古今集」にある、別の歌をふまえた表現。

君をおきて あだし心を わがもたば 末の松山 浪も越えなむ
「あなたをさしおいて、浮気心を私がもったなら、あの末の松山を浪が越えてしまうでしょう。」

「末の松山」というのは、宮城県多賀城市に遺跡がありますが、実際はどこのことだかはっきりとは分かっていません。
海辺にありながら、絶対に波をかぶらないということで有名でした。
そこから、「末の松山」を「浪が越す」といえば、「絶対にありえない」ということの比喩表現になりました。



『 作者について 』

清原元輔(908~990)

清原深養父の孫。
清少納言の父。
官位は低かったが、歌人として活躍。
天暦5/951年和歌所の寄人(よりうど)となり、大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ)らとともに、『万葉集』の訓読と『後撰和歌集』の編集にあたった。
三十六歌仙の1人。
家集に『元輔集』がある。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

クマコ

Author:クマコ
Photo-ZEROに所属。
自然風景が大好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク