2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
百人一首 1~10♪
「百人一首 1♪」
あき た  かりほ いほ  とま あら
秋の田の 仮庵の庵の 苫を荒み 
  ころもで  つゆ
わが衣手は 露にぬれつつ   (天智天皇 てんじてんのう)

「百人一首 2♪」
はるす   なつき      しろたへ
春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 
ころも     あま かぐやま
衣ほすてふ 天の香具山 (持統天皇 じとうてんのう)

「百人一首 3♪」        
        やまどり を       を
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の 
       よ          ね
ながながし夜を ひとりかも寝む (柿本人麻呂 かきのもとのひとまろ)

「百人一首 4♪」
たご  うら     い   み     しろたへ
田子の浦に うち出でて見れば 白妙の 
ふじ  たかね  ゆき ふ
富士の高嶺に 雪は降りつつ (山部赤人 やまべのあかひと)

「百人一首 5♪」
おくやま もみぢ ふ     な しか
奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の
こゑ とき  あき かな
声きく時ぞ 秋は悲しき (猿丸大夫 さるまるだゆう)

「百人一首 6♪」
かささぎ わた はし   しも
鵲の 渡せる橋に おく霜の
しろ  み     よ
白きを見れば 夜ぞふけにける (中納言家持 ちゅうなごんやかもち)

「百人一首 7♪」
あま はら     み     かすが
天の原 ふりさけ見れば 春日なる
みかさ やま  い   つき
三笠の山に 出でし月かも (安部仲麿 あべのなかまろ)

「百人一首 8♪」   
   いほ みやこ
わが庵は 都のたつみ しかぞすむ
よ   やま  ひと
世をうぢ山と 人はいふなり (喜撰法師 きせんほうし)

「百人一首 9♪」
はな いろ
花の色は うつりにけりな いたづらに
   み よ
わが身世にふる ながめせしまに (小野小町 おののこまち)

「百人一首 10♪」       
         い  かへ   わか
これやこの 行くも帰るも 別れては
し   し      あふさか せき
知るも知らぬも 逢坂の関 (蝉丸 せみまる)
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

クマコ

Author:クマコ
Photo-ZEROに所属。
自然風景が大好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク