2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
星野道夫さんの素敵な言葉たち 2♪
大好きな星野さんの写真展開催を待ち望んでいますが、今年はまだのようですね~。
またどこかで開催されたら、見に行きたいと思います♪
ハンカチ持って。(笑)

文才豊かな星野さんの素敵な言葉を、今日も幾つか書き綴らせて頂きま~す♪
心に響きます~。(^^)



「どこにいようと、
すべてのものに平等に同じ時が流れている。
その事実は、考えてみると、
限りなく深遠なことのような気がしてくる。」

「幸福を感じる瞬間とは、ありふれていて、
華々しさのない、たまゆらのようなものだった。」

「人間の持つ哀しみと悠久なる自然。
寄せては返す波の調べに人の心が静まるのは、
私たちの身体のどこかに、
遠い海辺の記憶が残っているからだろうか。」

「森の中に自分の足で踏み入れば、
その湿り気を感じることが出来る。
でも森のまわりを何度回ったところで、
その形しかわからない。」

「風の感触は、
なぜか、移ろいゆく人の一生の不確かさをほのめかす。
思いわずらうな、心のままに進め、
と耳もとでささやくかのように・・・・・。」

「人は生きているかぎり、夢に向かって進んでいく。
夢は完成することはない。
しかし、たとえこころざし半ばにして倒れても、
もしそのときまで全力をつくして走りきったならば、
その人の一生は完結しうるのではないだろうか。」

「寒いことが、人の気持ちを暖めるんだ。
離れていることが、人と人とを近づけるんだ。」

「人と出会い、
その人間を好きになればなるほど、
風景は広がりと深さをもってきます。
やはり世界は無限の広がりを
内包していると思いたいものです。」
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

星野さん
星野道夫さんには、大学1年のたしか冬に網走でお会いしました。半端ないオーラに包まれた素敵すぎる方でした。「今度、アラスカ、行こう!」が今でも耳の奥に残っています。

臥龍梅は、この時期だけの袋吊りの純吟がナイスです。酒造好適米「愛山」で仕込んだ「開瓶十里香(純米大吟)」はお値段も良いですが、ゾクゾクする香りと味わいです。蔵元で臥龍梅の愛山を試飲した時は鳥肌が立ちました。来られる際は、メール一本いただければ幸いです(不在だと困るので...)。

当方のブログとリンク張りをしたいので、「オッケー(ゝω・) テヘペロ」のご発声をいただきたいと思います。
よろしくお願いします。
やまささん、こんにちは♪
やまさささん、こんにちは♪(^^)

>星野道夫さんには、大学1年のたしか冬に網走でお会いしました。半端ないオーラに包まれた素敵すぎる方で>した。「今度、アラスカ、行こう!」が今でも耳の奥に残っています。

え~~~!
星野さんにお会いしたことがあるのですか?
うらうら、うらやましすぎます~。@@
星野さんって、素朴で、温かくて、ほんと素敵な方ですよね~。
最近、星野さんの本を読み返しておりまして、その豊かな心に益々惹かれております。(^^)

>酒造好適米「愛山」で仕込んだ「開瓶十里香(純米大吟)」はお値段も良いですが、ゾクゾクする香りと味わ>いです。蔵元で臥龍梅の愛山を試飲した時は鳥肌が立ちました。

お昼にこのコメントを読ませて頂き、今クマコの頭の中は・・・
「午後の就業時間、早送り(10倍速)にしたい。。。」です。(^^;)
はぁ~、臥龍梅が気になります~。
また伺う際には事前にメールをさせて頂きますので、どうぞ宜しくお願いします♪

>当方のブログとリンク張りをしたいので、「オッケー(ゝω・) テヘペロ」のご発声をいただきたいと思います。
>よろしくお願いします。

嬉しいお言葉を、ありがとうございます♪
オッケー(ゝω・) テヘペロですよん♪♪

私もリンクを張らせて頂きたいと思います。
今後とも、どうぞ宜しくお願いします♪(^^)

プロフィール

クマコ

Author:クマコ
Photo-ZEROに所属。
自然風景が大好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク