2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
百人一首 72♪
おと    たかし はま     なみ
音にきく 高師の浜の あだ波は
      そで
かけじや袖の ぬれもこそすれ (祐子内親王家紀伊 ゆうしないしんのうけのきい)



『 読み方 』
オトニキク タカシノハマノ アダナミワ 
カケジヤソデノ ヌレモコソスレ

『 現代語訳 』
「噂に名高い高師の浜のあだ波は身にかけますまい、袖がぬれるでしょうから。
そのように、浮気で名高いあなたのお言葉は心にかけますまい。
涙で袖がぬれては大変ですから。」

※音にきく・・・うわさにきく。
※高師の浜・・・大阪府堺市浜寺から高石市にいたる海岸。今は埋め立てられているが、昔は景色の美しいところで、歌枕として知られていた。「音にきく、高し」で、「うわさにきく名高い」という意味である。
※あだ波・・・むなしく寄せては返す波。浮気な人をたとえている。
※かけじや・・・「波をかけまい」と「思いをかけまい」との二重の意味で用いられている。
※ぬれもこそすれ・・・ぬれては大変だ。「もこそ」は懸念する気持ちをあらわし、「~ては大変だ」などと訳す。
※「高師」と「高し」、「(波を)かけ」と「(思いを)かけ」が掛詞。
※「浜」「波」「ぬれ」が縁語。 

堀河院主催の艶書合(けそうぶみあわせ)で、藤原俊忠に答えた歌。
「艶書合」は「えんしょあわせ」と読んでもかまいません。
艶書合は一種の恋愛ゲームでした。
歌合(うたあわせ)は歌合なのですが、男の貴族たちと女房たちとを番(つが)え、それぞれのカップルに恋の歌のやりとりをさせるという形式。
もちろん、本物のカップルではありませんから、詠み合った恋歌の内容はフィクションということになります。

紀伊の相手をした俊忠の歌は、

人知れぬ 思ひありその 浦風に 波のよるこそ いはまほしけれ
(私はあなたに人知れず思いを寄せています。ですから、有磯の浦風によって波が寄るように、夜になったら忍んで行って、あなたに思いをうちあけたいと思います。)
※「磯」と「思いあり」、「寄る」と「」は掛詞。
※「」「」「寄る」は、縁語。

というものでした。
紀伊の返歌は、俊忠の求愛をぴしゃりとはねつけていることになりますね。

ちなみに、俊忠の年齢は29歳ぐらい。
紀伊は、70歳ぐらいだったそうです。



『 作者について 』

祐子内親王家紀伊 (生没年未詳)

11世紀後半の人。
後朱雀天皇の第一皇女、祐子内親王に仕えた女房。
民部大輔平経方の娘で、母は祐子内親王に仕えた女房小弁かという。
すぐれた歌人として、多くの歌合に参加。
家集に『祐子内親王王家紀伊集』がある。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

クマコ

Author:クマコ
Photo-ZEROに所属。
自然風景が大好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク