2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
百人一首 71♪
ゆふ    かどた いなば
夕されば 門田の稲葉 おとづれて
あし       あきかぜ ふ
芦のまろやに 秋風ぞ吹く (大納言経信 だいなごんつねのぶ / 源経信 みなもとのつねのぶ)



『 読み方 』
ユーサレバ カドタノイナバ オトズレテ 
アシノマロヤニ アキカゼゾフク

『 現代語訳 』
「夕方になると、門前の田の稲葉をそよそよと鳴らし、芦ぶきの田舎家に、秋風が吹き渡ってくるよ。」

※夕されば・・・夕方になると。「さる」は「去る」ではなく、「時間が到来する」という意味。「夕されば」は、和歌でよく用いられた表現。
※門田・・・家の前の田。地味(ちみ)の肥えた豊かな田で、収穫はその家の私用とする。「山田(山にある田)」に対する語。
※おとづれて・・・音をたてて訪ねてきて。「おとづる」には「訪問する」という意味もあるが、原義は「音をたてる」。
※芦のまろや・・・芦で屋根をふいた田舎家。

たのいへのあきかぜ
「田家秋風(田舎家の秋風)」という題で詠まれた歌。


京都郊外、梅津の里。
そこに、作者の友人、源師賢の別荘がありました。この歌は、師賢の別荘に、歌人仲間が集まった時の題詠です。
「門田」とか、「稲葉」とか、「芦のまろや」とか・・・。
田園のにおいのする言葉がいっぱい並んでいますね。

叙景歌ですが、とても新鮮です。
視覚だけで「田家秋風」を歌っているわけではありません。
田舎家に秋風が渡ってきます。その風は、まず稲葉をそよそよと音をたてる。聴覚です。
作者は聴覚によって、まず秋風をとらえようとしています。
ついで、その風が、田舎家に吹いてきます。これは肌に感じる感覚。触覚ですね。

視覚と聴覚と触覚 ― 。
その3つで、立体的に「田家秋風」をつかまえる詠み方が、題詠であるこの歌に、いかにも実景といった真実味を与えています。



『 作者について 』

大納言経信 (1016~1097)=源経信。

正二位大納言まで昇進。
博学多才で、漢詩・和歌・管弦といずれの道にもすぐれ、公任とならんで「三船の才」と謳われた。
藤原通俊の『後拾遺集』に対し、『難後拾遺』を書いて批判したことは有名。
家集に『経信集』がある。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

クマコ

Author:クマコ
Photo-ZEROに所属。
自然風景が大好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク