2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
百人一首 67♪
はる よ  ゆめ        たまくら
春の夜の 夢ばかりなる 手枕に
      た     な   を
かひなく立たむ 名こそ惜しけれ (周防内侍 すおうのないし)



『 読み方 』
ハルノヨノ ユメバカリナル タマクラニ 
カイナクタタン ナコソオシケレ

『 現代語訳 』
「春の短夜の夢、そのようにはかない手枕のために、なんの甲斐もなく浮き名が立つのは口惜しいことですよ。」

※春の夜の・・・春の夜は夏と同じく、短くて明けやすいものとされている。
※夢ばかりなる・・・夢のようにはかない。「ばかり」は程度をあらわす助詞で、「~ぐらい」などと訳す。「なる」は断定の助動詞「なり」の連体形。直訳は「夢ぐらいである」。
※手枕・・・腕を枕にすること。
※かひなく・・・なんの甲斐もなく。「かひなく」の「かひな」に、「腕(かひな)」を隠し詠んでいる。
※立たなむ名こそ惜しけれ・・・立つ浮き名が惜しい。「む」は婉曲(えんきょく)の助動詞。「名」は評判・うわさ。

男のたわむれを軽くいなした歌。
月の美しい夜。春でした。関白藤原教通(かんぱくふじわらののりみち)の邸(やしき)に人々が集まり、夜明かしでおしゃべりを楽しんでいます。
ちょっとくたびれたのでしょうか。周防内侍がものに寄りかかって、
「枕がほしいわ」
と小声でつぶやきました。
その言葉を聞いていたのが、大納言藤原忠家。彼は、御簾(みす)の下から自分の腕(かひな)をそっとさし入れ、
「これを枕に・・・」
と言いました。
そのあと、間髪をいれずに詠んだのがこの歌です。

かひなく立たむ 名こそ惜しけれ

「そんな『かいな』で、甲斐もなく噂が立ったのでは、口惜しくてしょうがありませんわ。」
即興の機知が冴えわたった歌ですね。



『 作者について 』

周防内侍 (生没年未詳)

周防守平棟仲の娘かという。
本名、仲子。
後冷泉・後三条・白河・堀河の4朝に仕えた。
夫や子供についての所伝はない。
多くの歌合に参加し、11世紀終わりから12世紀初めにかけての歌壇で活躍。
家集に『周防内侍集』がある。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

クマコ

Author:クマコ
Photo-ZEROに所属。
自然風景が大好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク