2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
百人一首 63♪
いま     おも た
今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを
ひと
人づてならで いふよしもがな (左京大夫道雅 さきょうのだいぶみちまさ / 藤原道雅 ふじわらのみちまさ)



『 読み方 』
イマワタダ オモイタエナン トバカリオ
ヒトズテナラデ ユーヨシモガナ

『 現代語訳 』
「今となってはただ、『あなたのことをあきらめてしまおう』というひと言だけを、人づてではなく、直接あなたにお話しするすべがあればなあと思います。」

※今はただ・・・(恋の望みを絶たれた)今となっては、ただ。
※思ひ絶えなむ・・・すっかりあきらめてしまおう。「思ひ絶ゆ」は、断念する。「な」は完了の助動詞「ぬ」の未然形。「む」は意志の助動詞。
※とばかりを・・・「思ひ絶えなむ」とばかりを、と考える。「あきらめてしまおう」というひと言だけを、の意。
※人づてならで・・・人を介しての伝言ではなく、直接に。
※いふよしもがな・・・いうすべがあればなあ。「よし」は、方法・すべ。

藤原道雅が恋人との仲を裂かれた時に詠んだ歌。
相手の女性は、天皇の娘で、当子内親王(とうしないしんのう)という人。二人の仲を裂いたのは内親王の父、三条天皇でした。

皇女というものは、不自由なご身分です。ことに恋愛に関しては・・・。
ふつうは、一生結婚をしません。
ときどきものわかりのいい天皇がいて、地位が高く、人柄もたしかな臣下(しんか)に降嫁(こうか)させることもありましたが、それは珍しい例でした。

三条天皇に反対され、全ての望みが絶たれてしまった今。
もうあきらめないといけないということは、道雅もわかっているのです。
でも、最後にひと言、「あきらめます」と言いたい。
終わるなら終わるでいいから、自分の心にも、相手の心にも、きちんと終止符を打って、身を引きたい。
それも、手紙ではだめなんですね。
直接会って・・・。



『 作者について 』

左京大夫道雅 (992~1054)=藤原道雅

生年を993年とする説も。
内大臣藤原伊周の子。関白道隆の孫。
父伊周の失脚、当子内親王との恋愛事件など不運続きで、自暴自棄の生活をおくった。
中年以後は俗世栄達をあきらめ、平穏に過ごしたとも言われる。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

クマコ

Author:クマコ
Photo-ZEROに所属。
自然風景が大好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク