fc2ブログ
2023/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
ぶらり登山♪
267A4991のコピー

267A4919-Edit のコピー

267A4929のコピー

267A4906-Edit のコピー

267A4810のコピー

267A4833のコピー

267A4799-Edit のコピー

先週末も伊豆へ行ってきました♪
金曜日の夜に気合満々で出発したものの・・・
またまた、自分に甘いがゆえの備忘録になりますのでスルーでお願いします。(^^;

土曜日の天気予報は終日くもり。
土曜日の朝に目覚めると、予報通りの曇天。
晴れ以外(雨や曇天)の心地良さに負けて二度寝を少々。
再び目覚めると太陽が顔を出してる。@@
慌てて身支度を整えて登山を開始し山の中腹で果てしなく広がる雲海を確認するも、時すでに遅し。
毎度の、やってしまった朝を迎えました。
次第に消えゆくガスと一緒に昨夜の気合いも消え失せ、尻尾を巻いて山を下りました。

翌日の日曜日は終日雨予報でしたので、ノンビリと8時過ぎに仁科峠から登山を開始。
朝のうちは雨モヤでシットリしていましたが、午後から雨が上がりスッキリとした視界に。
もっと早い時間に登り始めればよかったと後悔。
まさしく、後の祭りですね。(^^;



20150810130509d58_20230402155758113.png





スポンサーサイト



万三郎岳♪
267A4516-のコピー

267A4598-のコピー

267A4564のコピー

日曜日、万三郎岳へ登山に行ってきました。

前回は万二郎岳経由で1周したので、今回は逆回りの涸沢経由を選択。
前日の夕方に駐車場に充満していたモヤは、翌朝にはゼロ。
曇天で月明かりもゼロ。
「行ってダメなら諦めもつく」と、ヘッドライトを点灯して登山を開始しました。

やがて東の空が朝焼けでオレンジ色に。
自分が居るピーカンの場所から僅かな隙間を縫うかのように見下ろした山々。
躍動的に次々と姿を変える雲海やガスが逆光に照らされ絶景でした。(TT)

撃沈の朝にめげず足を進めると、万三郎岳手前から次第に濃霧に。
濃霧での撮影を楽しみ、そのまま1周して帰ればいいものを・・・
駐車場まで残り1時間の万二郎岳手前で、またいつもの妄想が。

「涸沢付近の苔むしたプチ屋久島が霧に包まれていたら」

撮り直したい場所があったので来た道を引き返し、ようやく辿り着いた涸沢付近。
モヤはどこ?
すっきりピーカン。(TT)

クマコの妄想は成功率が低いのに、いつも罠にかかる学習能力のなさには呆れます。
苦手な登山道N0.1の万三郎岳をほぼ2周って、毎度の変態ですね。
カメラマンの性でしょうか?
それとも、我が家のカツオ君の影響?
ほとほと、今回ばかりは自分で自分に疲れました。(^^;)

あ、でも、行く度に万三郎岳を好きになってきた気も。
今回はモヤの発生する条件や発生地の勉強になったので、また通いたいと思います♪(^^)


20150810130509d58_20230402155758113.png









プロフィール

クマコ

Author:クマコ
自然風景が大好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク