fc2ブログ
2024/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
枝折峠♪
267A7568-Edit のコピー

267A7394-2 のコピー

267A7440-Edit のコピー

267A7386-Edit-のコピー のコピー

267A7448-4 のコピー

267A7475-Edit のコピー

267A7481-Edit のコピー

267A7491-Edit-2 のコピー

267A7506-Edit-2 のコピー

267A7468-Edit のコピー

金曜日の夕方に仕事を終えて枝折峠へ行って来ました♪

関越道・小出ICの10km手前から超濃霧となり、夜中の12時過ぎに枝折峠に到着。
見事な雲海が月明かりに照らされていました。
今まで枝折峠で見たことがないカメラマンの数で、駐車場はおろか路肩も一杯。
(翌朝ビックリしましたが、スノーシェッドにも駐車している車がたくさん。)

「撮りたいけど、夜明け前からの撮影の頃には頭がモウロウとしちゃうかも。」
と、なんとか駐車スペースを確保して2時間仮眠して目覚めると・・・
雲海は綺麗に消えてました。(TT)

待機していると少しずつ雲海が現れてくれて、かなり広範囲に撮影を楽しみ雲海の撮影終了。

そのまま、恐怖の山道50km(国道352号線)で尾瀬へ移動。
山道を走行中に気になるスポットが沢山あり撮影したかったけれど、車・バイク・自転車の往来
が多く断念。
あの山道を自転車って、超人です。@@
後で知りましたがツーリングの聖地とのこと。
「綺麗だけど、2度と走りたくない道路」に確定です。@@

そんなこんなで翌朝のロケハンにと尾瀬に入ると・・・
枯れ果てた色のない世界になっておりました。
急いで他の撮影地と天気予報を調べるも、脳裏には今朝見たばかりの絶景が離れません。
天気予報から良い兆しは皆無だと分かっているのに・・・
おバカなクマコの脳ミソが「行ってみなければ分からない。」と囁き続けます。

そして再び、国道352号線で枝折峠へUターン。
結果、11月4日、5日と雲海は発生しませんでした。
細川たかしさんの「心のこり」が、なんだか胸に沁みる今日この頃です。(TT)

あ、でも、悪いことばかりではありません。
大好きな日帰り温泉「ゆ~パーク薬師」で、最近ハマっているサウナで整えてきましたよん♪
レジ前で販売している地産野菜、ホワイトにんにく・柿・なめこも購入♪

そして目に飛び込んだ張り紙、「本日、あまんだれは入荷しません。」

豚汁とかの具に最高というキノコ、あまんだれ。
どんな味がするのか、気になって仕方ありません。
来年の秋も、尾瀬と枝折峠へ足繁く通うことになりそうです。(^^)


20150810130509d58_20230402155758113.png












スポンサーサイト



尾瀬2♪
267A7001 のコピー

267A6944 1027

267A7357 のコピー

267A7294-4 のコピー


金曜日の夕方に仕事を終えて、2度目の尾瀬に行ってきました♪

前回訪れた時は至仏山(しぶつさん)手前まで登り、夜中から日の出まで撮影をしました。
その時から「朝もやに包まれた湿原に居たらどうだったんだろう?」と頭から離れず。。。

土曜日は雨から雪。日曜日早朝は曇天、10時手前から晴マークの天気予報。
出発前の天気予報に右往左往は毎度のこと。
テント泊準備 → 日帰り撮影に変更 → 直前にテント泊へ心変わりした結果、忘れ物だらけ。

日没、夜明け前撮影が大好物なのに、ヘッドランプを忘れるなんて。(トイレすら大変でした。)
GPS代わりの携帯の充電ケーブルを忘れるなんて。
野菜や加熱したお肉を持って、鍋つゆを忘れるなんて。(山小屋のカップヌードルがなければ無味鍋でした。)

そして、今回の1番のお楽しみは「尾瀬小屋のローストビーフ丼と生ビール」。
土曜日の朝は珍しく食欲がなく、朝食抜きでロースビーフ丼を楽しみに登山を開始。
ようやく尾瀬小屋に着いたら、冬季休業中になっておりました。(TT)

忘れ物だらけ、下調べ不足で散々なテント泊撮影となりました。
どうやら、クマコにテント泊は向いてないようです。
いつか山小屋に泊まって、カメラリュックでサクサク撮影してみたいです~。
土日は山小屋の予約をとるの厳しいですよねぇ。



毎度の余談です。

今回、見晴らしキャンプ場でソロキャンプをしていたのはクマコ以外に3名。
シンシンと降る雪の音しかしない、シーンと静まり返った夜の9時か10時頃。
眠っていると、突然大きな話し声と共にクマコのテントの周りをザクザクと歩き回る音が。@@

クマも怖いけど、人はもっと怖い。
人じゃないのも凄く怖い。ここは八甲田山だっけ?

ビビりながら外を見ると、足が2本ある登山者2名でした。
なんでも道に迷ったそうです。
「それは大変でしたね。無事に宿にたどり着けて良かったですね~。」
と見送ったものの、クマコのノミの心臓は結構バクバクの巻でした。@@



20150810130509d58_20230402155758113.png






憧れの尾瀬♪
267A6680-3 のコピー

267A6692コピー

267A6696-コピー

267A6702コピー

267A6763 のコピー

267A6752-2 のコピー


週末にテントを背負って尾瀬に行って来ました♪
写真を始めた頃から何度も憧れては、足が遠のいていた尾瀬。
ようやく念願が達成しました。(TT)

マイカー規制特有のアクセスが肝だった尾瀬ですが、まさに「百聞は一見に如かず」だと痛感しました。
駐車場からバスで登山口へ行き小一時間歩いたら、アッという間に尾瀬ヶ原。@@
ご老人や小さなお子さん、海外の方々で賑わうことも頷けます。

最初に感じたことは、色々な名所の「いいとこどり」といったところでしょうか。
日光・小田代ヶ原、大分の由布岳、渋峠の素敵をギュッと濃縮したような、一粒で・・・感です。(^^)

今回は気持ち優先で行ったため下調べ不足で憧れていた写真は撮れなかったので、チャンスを伺って
リベンジしたいと思います♪(^^)



毎度の余談です~。

尾瀬の水に濡れた木道や木の階段は非常に滑ります。
行かれるご予定の方は、万全の対策でお出かけ下さい。

クマコは早朝撮影後に木の階段を下っている際に、下から3段目の階段に滑り止めの木が取れて
いたので怖くなり脇道にエスケープしようとしたところ・・
バランスを崩して背中から受け身をとりながら落下。
手のひら、右胸に大きなアザをこさえてきました。
「右胸の骨いったかも?」とヒヤリとしたので、アザ程度でホッです。
まさに「魔が差す」の言葉通りで、名前を「Masako」から「Masasu」に改名しようか検討中です。(^^;

そして背中に背負っていたリュックの中に収納中のキャノンのR5とRFレンズ15-35mm、70-200mm
が無事だったことも不幸中の幸いでした。
クマコの受け身の下敷きになりながら無事とは・・・さすがキャノン。
カメラボディーもレンズも強靭ですね。
クマコも見習わなきゃ。(^^)



そしてそして・・・
群馬へ撮影に行く1番の楽しみは「角上魚類 高崎店」でお土産を買って帰ること♪

この高崎店は、「角上魚類」の新鮮な魚介類と「肉処大久保」の美味しいお肉が一緒に買えます。
今回はスルメイカ3杯+イカワタ、生筋子、アカモク、冬瓜、鳥のタタキ、マグロの柵などを購入。
昨日は昼過ぎに帰宅したのに写真整理は後回しで、手作りイカの塩辛、イクラの醤油漬け、アカモクの下処理に
励みました♪

今夜は「海鮮丼」「イカの塩辛」「鳥のタタキ」「アカモクの酢の物」でグビッとすることが楽しみでなりません。
久々に日本酒の小瓶を買って帰ろうかな♪(^^)

20150810130509d58_20230402155758113.png







西吾妻山 スノモン♪
267A1399 のコピー

267A1417-Edit のコピー

267A1440-2 のコピー


この土日に西吾妻山のスノーモンスターを撮りに行って来ました♪

前回は、福島県裏磐梯・グランデコスキー場からのアクセスでした。
今回は、山形県米沢市・天元台スキー場から登山スタート。

携帯のヤマレコアプリにダウンロードしていた冬季ルートで1~2時間で
西吾妻山近くの避難小屋に到着。
土曜日の朝から夕方まで撮影した後に避難小屋で食事と仮眠をとり、
夜中から朝まで撮影。

・・・のつもりでしたが、登山前半の分岐点で進路を誤り、ホワイトアウト
とツリーホールの恐怖に翻弄され迷子のクマコとなりました。@@
雪庇やスノーホールがある中、日が暮れてホワイトアウトな中を動き回るのは
危険と判断し、避難小屋探しを断念。
風が弱い場所を見つけ朝まで待機しようと腹をくくった矢先、ガスが晴れて
スノモンと向こうの山々が見えて晴天に。

「ジッとしていると睡魔に襲われ、負けたら怖いことになりそう。」
「久々にオールナイトで、まさにサタデーナイトフィーバー♪」
ということで、月明かり・星・ 太陽とスノモン撮影を楽しんできました。



毎度の余談です~。

下山後は、もう1つのお楽しみ「地元のスーパーでお買い物♪」。
今回はご当地の地産商品を多く販売している「ヤマザワ」へ。
大好きな「肉そば」を食べに行く時間がなかったので、「鳥中華」「肉そば」を沢山購入♪(^^)
これまた大好きな「数の子と青豆」も購入♪

九死に一生を得る
災い転じて福となす
喉元すぎれば熱さを忘れる
終わり良ければ総て良し

これでいいのか、悪いのか?
といいつつ、早くも次回は正規ルートでリベンジしたい気持ちでいっぱいです。(^^)


20150810130509d58_2022123112155264d.png





苗木城跡♪
267A2748-Edit2 のコピー

267A2747-2 のコピー

267A2744-Edit のコピー

267A2836-Edit2 のコピー

267A2869 のコピー

267A2970 のコピー

267A2921-2 のコピー
岐阜県中津川市 苗木城跡より


この間の日曜日、橋大好物のご主人様のお供で岐阜県に行って来ました♪
今週は写真整理の時間がとれず、ノンビリ便で少しずつレタッチしております。@@
毎度のことですが、また少しずつ追加掲載したいと思いま~す。

天城で自然を満喫していた半年間は渋い色合いを目にすることが多かったので、久々に見たキラキラの夜景や雲海
は目を疑うほどの眩さでした~。(*^^*)

大自然と人間の共存と言うと大袈裟ですが、雲海の下にチラッと見える家や道路が実に味わい深かったです。
日の出と共に、それぞれの1日が始まる声や様々な音が聞こえてくるような温もりを感じる場所でした。

毎度のセリフですが・・・
「あんな感じでも撮ってみたい♪」「こんな感じでも撮ってみたい♪」
と、妄想が広がりまくっております。
リベンジ確定です。(^^;



20150810130509d58_201812100008133eb.png












プロフィール

クマコ

Author:クマコ
自然風景が大好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク