FC2ブログ
2020/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
湯川渓谷♪
20M01643a-4-2.jpg

20M02241a_1-3-3-2.jpg

20M01801a-7-2.jpg

20M01955a_1-2-2.jpg
長野県 湯川渓谷


この土日はノンビリと2日間、大好きな湯川渓谷で「ひとり気ままな撮り旅」を楽しんで参りました♪

透明感ある氷を撮る気満々な気持ちとは裏腹に、またしても撮影日の前夜に降雪となり
「雪が被っていない、透明度抜群の氷が撮りたいのに~~~。(TT)」
と、ギリギリアウトな降雪に振り回されております。

湯川渓谷の氷柱は暖冬の影響か、見頃はもう少し先のような感じです。
そのお陰で、2日間とも湯川渓谷を独り占め出来ましたよん♪(^^)


毎度の余談です~
この冬は電熱ベスト + 電熱インソール + ポータブルバッテリー + 電気敷毛布
のおかげで、寒さ知らずの快適写旅をしております。

そして「3D立体形状」で「防水透湿性」のウェーダーに買い替えたことも、氷撮影での快適さを
アップしてくれております。
今迄のウェーダーは夏冬問わずに使用後は内側がビッショリ。
ビッショリの量が、その日の頑張った目安でした。(*^^*)
まさか、あのビッショリが単なる「蒸れ」だったとは。@@
今回初めて使用したところ、蒸れからの冷えもなく大満足です♪(^^)



大事なことを書き忘れていました。
暖冬と言いましても、湯川渓谷へ続く山道は氷の上に雪が覆われています。
一見普通の雪道に見えますが、大変危険かと思われます。

ご存じの方はお分かりかと思いますが、車道から右手に見える氷柱群の
真ん前はアイスバーンになりがちで・・・
「四駆でスタッドレスだから。」と、チェーンも積まずに高を括っていた天罰か。
今朝、クマコ号は前に進めずに立ち往生した挙句に氷柱群前にある壊れた
側溝に右リヤタイヤがハマりました。(TT)

「押してダメなら引いてやれ」と、ダメ元のバックで奇跡的に脱出できましたが
スッポリと側溝にハマっている右リヤタイヤを見た時には
「JAF、こんな朝早くに来てくれるだろうか。」と血の気が引きました。

そしてそして・・・
撮影が終わり車に戻ると、その壊れた側溝の上に土砂と共に根っ子と土が付いたままの
木が2本横たわり、頭の大きさ大の岩が2つ車道に転がっておりました。
「あのままJAFに助けを求め、寒いからと車内で待機していたら・・・」
と思うと、ゾッとします。@@

降雪の翌日に暖かくなり、雪解け水の水量も多かったので
落石などが起こりやすかったようです。
湯川渓谷へ行かれるご予定の方は、くれぐれもお気をつけください。





そしてそして、旦那様はと言いますと
最近スタッドレスに変えたばかりの新車で、白馬や新潟へ行っていたようです。
羨ましいことに、降雪確率ゼロだったようで・・・

ノーマルタイヤのままで良かったのでは?
と密かに思う今日この頃です。(^_−)−☆




20150810130509d58_201812100008133eb.png






スポンサーサイト



赤城大沼♪
20M00832a-3-2.jpg

20M00927a-2-2.jpg

20M00942a-3-2.jpg

20M00900a-4-2.jpg

20M00909a-4-2.jpg

20M00959a-3-2.jpg

群馬県 赤城大沼



「たまには家で、9時、10時迄ゆっくり寝ていた~い。」と思っていたのに
北海道どころか、昨年11月以降の写真整理も全然終わっていないのに
今週末は撮影お休みしようと言っていたのに

少~しだけ赤城大沼で撮影してきました~♪
覚満淵や小沼は全面凍結の上に雪が被り、真っ白になっておりました。
それなので、大沼で大好きな氷撮影を少~し♪
できたてホヤホヤ、雪が被っていない透明感ある氷。
御神渡りのようにヒビ割れているところを発見。@@
ヒビ割れの複雑な模様、虹色の輝き、着物の柄のような美しさにウットリしたひと時でした~♪(^^)



毎度の余談ですが・・・
クマコ号にも遅ればせながらではございますが、「ポータブルバッテリー」と「電気敷毛布」
がやってきました!
「電気敷毛布」の温度を1番低くして、毛布を掛けてのヌクヌク快適空間は底冷え知らず。
早朝撮影の最大の敵かもしれませんねぇ。(^^;)

家ではありませんでしたが・・・
車でゆっくり眠れて、日帰り温泉に入れて、新鮮なお野菜も沢山買えて、美味しい物もたんまり食べて
久々に夫婦共々、ノンビリとした休日を過ごせましたよん♪(^^)


20150810130509d58_201812100008133eb.png





小田代湖♪
M1906718a-2.jpg

M1906582a_1-3-2.jpg

M1905978a-3-2.jpg

M1905960a-2.jpg

M1906590a-2.jpg
栃木県奥日光 小田代ヶ原 ( 2019.11.2~11.3 )


皆様、大変大変ご無沙汰をしております。
今年はあまり撮影に行けなかったので、久々に気ままな一人旅を楽しんでおりました。(^^)

台風の影響で出現した小田代湖は、まるでおとぎの国のような美しさ。
撮影が終わり、この景色を眺めながら食べるおにぎりは格別でしたよん♪

皆様、既にご存じかと思いますが、最近充電式の靴のインソールを購入しました♪
バッテリー分の厚みがあるので、元々のインソールを取り外したりと面倒ですが
足の冷えが解消され重宝しております。(^^)

これからの季節
背中、腰、お腹にホッカイロ。
足にスノーブーツと充電式インソール。
レンズにレンズヒーターが欠かせませんが・・・

亀の甲羅のようにコタツを背負いながら、ワイヤレスでシャッターを切れたら幸せだろなぁ~。



20150810130509d58_201812100008133eb.png








星峠♪
18M_6401-2.jpg

18M_6097

18M_6200.jpg
新潟県十日町市 星峠


今週は土木写真部の写真展に出展している関係で旦那様は九州へ。
・・・ということで
一人淋しく(一人気ままに?^^;)、星峠と美人林へ行って参りました♪(^^)

ここのところ写真整理の時間が作れなかったので先々週と先週の星峠の写真整理が全然出来ていないのですが、
(はい。いつもの言い訳です。自分に無限に甘いクマコなので。^^;)
先に1枚だけ掲載させて頂きま~す。(^^)

行く度に色々な表情を見せてくれる星峠。
待ち焦がれていた新雪シーズンでは、どのような表情を見せてもらえるのだろう?
今からドッキドキです。(^^)


20150810130509d58_2018062500424999e.png




毎度の余談ですので、お聞き流しのほどよろしくお願いいたします。

星峠での初日。
お隣さんと楽しくおしゃべりしていると、クマコの住まいのご近所・調布から全部一般道で来られたとか。@@
クマコ   「一般道?何時間くらいかかるんですか?@@」
調布の彼 「20:30頃に出発して夜中の1時過ぎ着なので、5時間くらいですかねぇ~。」
クマコ   「えっ!? ウチも高速使ってそのくらい。SAやPAを満喫しすぎかも。(^^;)」

朝の撮影を終えて
調布の彼 「これから山古志へ行って、また明日帰ってきます。また明日よろしくお願いします。(^^)」

クマコはナスビュウ湯の山(日帰り温泉)へまっしぐら。
クマコ  「私も厳冬期の美ヶ原で、真夜中から夕方まで撮影したことあったよなぁ。」
      「若いっていいなぁ。」


そして、2日目も夜中から撮影。
隣に来られた方に挨拶をすると、若い女性で驚きました。@@
その晩も楽しくおしゃべりしていると、
若い女性 「この後、カメラ仲間がお台場の花火大会の帰りに来ますのでお騒がせします。」
クマコ   「お台場の帰りにココ?@@」
クマコの中での「帰り・ついで」という言葉の範疇を飛びぬけた
「帰り=GO!」な行動力に脱帽しました。@@
「若いっていいなぁ。」

その若い女性(Mさん)からは、刺激も含めて多くのことを学ばせて頂きました。
Mさん、帰宅直後でお疲れのところ早速にご連絡ありがとうございました!
今日、早速に旦那さんの分と合わせて4つ購入しようかと思います。(^^)


「若いっていいなぁ。」

と、加齢を言い訳に失った情熱を取り戻さなきゃと良い刺激を頂きました。
よし、クマコも頑張るゾ。(^^)








星峠♪
18M_4291-2.jpg

18M_4329.jpg

18M_4349-3.jpg

18M_4384-2.jpg

18M_4424-2.jpg

18M_4853-2.jpg


春先のように混雑していない快適空間 「星峠」 。
込み入った撮影場所が少々苦手なので、足が遠のきがちでありましたが
色々な表情を見せてくれて、一気に星峠の大ファンになりました。

また近々訪れたいと思います。
今度は、夫婦で。(^^)



毎度の余談ですが・・・
結婚してもこんな気ままな一人旅を続けさせてくれる旦那様に感謝。

・・・したのも束の間。
先週の土曜日の夜に仕事を終えた旦那様。
嫁の居ぬ間(鬼の居ぬ間?)に山形へ行き、関越道経由で日曜日の夜中に帰宅。
ほぼ日帰りで1,000km走行という変態活動をしていたようです。

きっと、泳ぎ続けなければ死んでしまうマグロ。
はたまた、車輪の中で走り続けるモルモットの生まれ変わりなのでしょう。
(。-∀-)ニヒッ

変り者同士の似たもの夫婦で腑に落ちました。
お後がよろしいようで。(^^;)



20150810130509d58_2018062500424999e.png





プロフィール

クマコ

Author:クマコ
自然風景が大好きです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク